車両を綺麗にすることの大切さ

いくらレアな車両でも、汚れや傷がある場合、買取価格がぐっと下がってしまいます。中古車査定士は目に見える汚れや傷はもちろん、細かいところまでしっかりとチェックしています。例えばシートやマットです。シートの汚れやシミ、ほつれなども減額対象になってしまいます。またマットは最も汚れやすい部分のため、チェックが厳しくなります。長年汚れが付着したままだと汚れが染みついてしまうため、こまめに掃除することが大切です。売る直前になって掃除をしても、中古車査定士は放置していたことをすぐに察します。日常的に掃除する癖をつけましょう。

また、外装のチェックはさらに厳しくなります。汚れだけではなく、傷やへこみは大きな減額となるため気を付けましょう。

車両を綺麗にするポイント

車両を綺麗にする際には、外装だけではなく内装も綺麗にしましょう。まず外装では、目に見える汚れをしっかりと落とすことが大切です。多くの人がよく見落とすのは、ナンバープレートやワイパーの付け根部分の汚れです。中古車査定士にもよりますが、汚れの見落としは大きな減額にもなりかねません。こまめにチェックして、汚れているようならば取り除いておきましょう。また、内装ではシートやマットの汚れの他に、匂いにも気を付けなければなりません。

日頃からタバコを吸っている場合、車内に匂いが染みついて取れなくなる可能性があります。またペットを乗せている場合、ペットの匂いや抜け毛も査定のポイントになります。いずれも車内に残ることがないように、日常的に清潔にしておきましょう。